マンション経営を始めるための準備金はいくら必要?2つのポイントを確認!

ローンを組むための頭金が2割程度必要

マンション経営を行う場合、一括でマンションを購入してしまえるという人は少なく、多くの人は不動産投資ローンやアパートローンを利用することになります。不動産投資ローンの審査は厳しく、住宅ローンよりもハードルが高いと言われているので、安定した収入を得ていることはもちろん、2割程度の頭金も必要になってきます。収入に不安がある人などは、3割程度の頭金を用意しておくのが理想でしょう。不動産投資ローンでは、年収450万円以上という条件がついていることが多いです。銀行によって基準は異なっており、年収600万円以上といった厳しい条件がついていることもあるので、あらかじめ確認をしておきましょう。年収の条件を満たしていないと、応募をしてもその時点で審査落ちしてしまいます。

諸費用が意外とかかる

不動産投資ローンでは、借りる金額が大きいため、諸費用も高額になります。銀行によりますが、借入金額の1.0%~1.5%程度の手数料がかかります。意外と知られていませんが、不動産投資ローンでも団体信用生命保険への加入はほぼ必須です。銀行にもよりますが、団体信用生命保険料は銀行が負担するようになっていることも多いです。しかし、金利が上乗せされていて、高めになっていることもあるので、総合的に比較することが重要になります。住宅ローンに比べると諸費用の負担は少ないというイメージがありますが、金利が高めになっているので、利息の負担もしっかりとシミュレーションをしてから借りることが大切です。審査に通るということが最終目的ではないことは理解しておきましょう。

トラストインベストメントを効果的に活用することで、初めて投資活動に本格的に取り組む際に、有意義な知識を得ることができます。