工務店の注文住宅は価格を安くすることが可能

1000万円台の住宅も可能

工務店に注文住宅を建てることを依頼すれば、費用を少なくすることが可能になります。東京のような都市部で注文住宅を建てるときは、通常最低でも2000万円以上の費用が必要になります。しかし、工務店に頼んだらそれ以下で家を建てることができます。1000万円台前半の家作りも可能です。工務店の費用が安くなるのは、中間の業者がいないからです。中間の業者がいたら、人件費が高くなってしまいます。また工務店は、家を建てる時に必要になる木材や鉄骨などを安く仕入れるルートを持っています。自分たちで仕入れることもあります。そのような仕入れの時も、間に入る業者がいなくなるので、家を作るときの費用がかなり安くなります。

家を建てる側も協力するようにする

工務店に依頼する時は、家を建てる側も協力することが必要です。その協力によって、家をスムーズに建てられるようになります。どのような家にしたいか具体的な要望を、業者に伝えます。家を建てる側は専門家ではないので、工法について分からないこともあります。しかし、現在はネットを使えば、家の建て方はある程度分かるようになります。例えば、どのような工法が地震に強いか知ることができます。実際に建築の現場に行って、建築の進み具合を調べることも大切です。ハウスメーカーだったら、建築の現場の見学には難色を示すこともありますが、工務店は協力的です。土地代が高くなると家を建てる費用は上がってしまいます。土地を探す時も自分で良さそうなところをまず見つけて、それから工務店に相談しましょう。

足立区の工務店では地元に密着した利用者様のご要望に応じてハイグレードな注文住宅などを提供しています。

東京の足立区の工務店の関連記事