これだけは考慮したい!注文住宅の間取り設計

採光性を考えた家造り

住む家が明るいか暗いかでは、済んでいる時の気分も変わってくるものです。誰もが明るい部屋で過ごしたいと考えるでしょう。
採光性の良い家を建てる場合には、その土地をじっくりと観察しましょう。そして太陽の動きをよく考えるのです。
一般的に、リビングにいる時間が一番長いでしょうから、リビングを真南に向けるのが良いでしょう。逆にトイレやお風呂などの水回りについては、採光がうまく確保できない北側には位置するのが一般的です。

風通しを考えてみる!

家の風通しを良くすることは大切です。換気をする目的もありますが、夏場など風の通りが良ければエアコンなどを使用する時間を短くすることができますので、省エネにもつながります。
風通しの良い家を設計するには、風が入る窓と風が出て行く窓を意識することです。間取り図などを参照して、窓と窓の間に壁などがなくなるように、心がけると風を家の中に入れやすくなります。

窓の高さを変えてみる!

窓を作る時には、高い位置に窓を作ると同時に、低い位置にも窓を設けるのが良いでしょう。
高い位置の窓は、家の中にこもった熱気を外に出すために有効です。逆に低い窓は、外の冷たい空気を取り入れたい時に有効活用できます。
窓の高さを考える際には、外からの視線が入らないように考慮することも大切です。

窓の種類をよく考える

通風のために窓を確保するのであれば、使用する窓の種類をよく考えることが大切です。
一日中開放できる窓を設けることで、家の中を気持ちよい空間に保つことができます。通風のための窓であれば、縦すべり出し窓や上げ下げ窓などの小さな窓を選択すると、コスト的にも安く抑えることができます。

足立区の注文住宅の住み心地の良さは、多くの若年層の夫婦から注目されており、特に価格の安い物件の特徴を調べることがおすすめです。

関連サイト