賃貸と転貸は実は違う!?リスクを回避して優良物件に住もう

サブリースは転貸物件です

不動産屋へ訪れた時に、最初にサブリース物件を含めて良いか聞かれることがあります。初めて聞く言葉に戸惑う人も少なくありませんが、意味を正しく理解していない場合には、サブリースだけは避けることが無難です。大家から不動産屋を仲介人として借りる一般的な契約では、借地借家法がしっかりと適用されるので、賃借人の権利がしっかりと保護されます。しかし、サブリース物件は不動産屋から直接借りる契約となるので、大家と不動産屋の間で結ばれた賃貸契約が優先され、不動産屋から借りるサブリース契約は転貸契約となります。又貸しとなってしまうので、権利がある程度制限されることを理解した上で借りるならば、仲介者がいない分だけ不動産屋との直接契約となり、仲介手数料不要です。

普通借家契約に絞って部屋探しをしよう

賃貸契約を行なう際に、普通借家契約が一般的でしたが、定期借家契約が一部で紛れていることがあります。賃貸借契約には変わりありませんが、特別良い条件や家賃が激安などの理由が無い限り、定期借家契約を選ぶメリットが借りる側にはありません。なぜなら、普通借家契約であれば、余程の事情が無い限りは賃貸契約の更新が出来ますが、定期借家契約は更新ではなく再契約となるからです。再契約するかどうかは、双方の合意があった場合のみとなるので、正当な理由無しに大家が再契約をしないことを選択出来る契約となっています。このため、定期借家契約を承諾して賃貸契約を結ぶ際には、2年以内に転勤が必ずある場合や、大学生のように校舎移動や就職があるために必ず2年で出る場合など特別な理由が無い限り選ぶべきでは無いでしょう。

麻生の賃貸とは札幌市北区麻生にアパー卜やマンションを借りることです。賃料が安く、近隣に地下鉄の駅があり、住みやすいエリアです。

北24条の賃貸で調べる
西18丁目の賃貸の詳細はこちら