オール電化物件で一人暮らしの光熱費をお得に

ポイントは基本使用料がかからないこと

一人暮らしでは光熱費が気になるところですが、明細をよく見てみると、料金の中の基本使用料の割合が意外と高いことに気付くはずです。オール電化の賃貸物件を選ぶとエネルギーを一本化することでお得になります。プロパンガスと比較して安くなるのは当然として、都市ガスの場合でも、ガスの基本使用料が発生しないことから、全体として光熱費が安くなります。また、オール電化の料金は夜間に安くなるので、調理や入浴などを夜間に行うことで効率よく電気を利用できます。現状、お風呂にお湯をはる習慣が無い方には特におすすめです。

火を使わないので安全、お手入れも簡単

オール電化では、コンロもIHクッキングヒーターになります。熱を出すまでに時間がかかることなど、慣れないうちは使い勝手が悪く感じられますが、使って行くうちに問題が無くなってきます。火を使わないので焦げ付くことが少なく、ガスコンロの場合は油汚れがこびり付きますが、簡単に掃除を行うことができます。

火を使わない大きなメリットとして、安全性があります。火災になる前にセンサーで電気を止めることで、火事になるリスクを抑えています。しかし少量の油を加熱したり、発熱部に接触していないものでも1センチほどまでの距離なら発熱することがありますので、最低限の注意は必要です。

災害の際にも有利な点が

もし、ライフラインにダメージがある程度の災害があったときでも、送電線が地上を通っていることから、ガスよりも早く復旧します。住んでいるマンションの設備にダメージが無かった場合は、より早くもとの生活に戻ることができます。料金面に注目されがちですが、それ以外の部分でも数多くのメリットがあります。

千歳の賃貸の契約プランは、それぞれの不動産会社のサービスの内容により、大きな違いがありますが、毎月の家賃や管理費などの相場を知ることが肝心です。

白石の賃貸はココ